修繕積立金についてのお勉強

こんにちは

今回はマンションとは切っても切れない縁である「修繕積立金」について解説していきます。

・修繕積立金って??

マンションに住んだことが無い人には聞きなれない言葉かもしれない「修繕積立金」。

呼んで字の如く「修繕するために積み立てておくお金」なのですが、もう少し詳しく説明すると

「マンションを長期間維持・保全するために、将来の大規模修繕に備える積立金のこと。 修繕積立金は、区分所有者(住人)が持分(専有面積の割合)に応じて負担し(一律の場合もある)、管理組合が徴収して管理する。」

ということで要は「修繕するために積み立てておくお金」ですね!!

金額は長期修繕計画をベースに決まっていて、マンションに住んでいる戸数によっても変わってきます。

長期修繕計画というのはマンションの老朽化を防いで性能を維持するために、管理組合が作る長期的な修繕計画の事です。

 

・出来れば払いたくない!?

マンションを購入した後は毎月修繕積立金を払っていくことになります。

管理費と同じくお部屋の広さ(専有面積)に応じて金額が決まっています。

→  実は知らない管理費の仕組み  ←

住宅ローンと比べると少ない金額ではありますが、長い目で見ればかなりの金額になってきます。

そこであなたは思うはずです。

「 もう少し安くしてくれてもいいじゃん!!! 」

払う側の観点だけで考えると安ければ安いほどいい(更に言えば払いたくもない)のですが、マンションの未来のために使われるお金なので実際はそんなことも言ってられません。

払いたくないのはみんな同じです。

出来るだけ長く住み続けるために必要不可欠な費用なので滞納せずに払いましょう。

 

・どうして必要なのか

耳にしたこともあるかもしれませんが、マンションでは10年や15年といった周期で大規模修繕工事というメンテナンスを実施します。

工事費用は数千万~数億円というかなりの高額になります。

工事の度にみんなでお金を出し合ってというのはとっても大きな負担になりますよね??

もし費用が集まらないと、工事が出来ない→マンションがどんどんボロボロに・・・・ という最悪の事態を避けるために、将来必要になりそうな工事費用を計画的に積み立てるのが「修繕積立金」になります。

 

 

・中古マンションの修繕積立金は高い??

修繕積立金の積立方式には「均等積立方式」と「段階増額積立方式」の2種類があります。

均等積立方式というのは、基本的にはじめから修繕積立金の金額を決めて、それを変えずに積み立てていくこと、

段階増額積立方式というのは、初めは安めに設定しておいて築年数が経つごとに少しずつ値上げしていくというものです。

日本のマンションのほとんどが「段階増額積立方式」を取っていて、新築マンションは購入者の負担を下げるために分譲時にある程度修繕積立金を低く設定してあります。

新築マンションを購入する人にとってはありがたいことですね。

逆に考えると中古マンションを購入する人は多く修繕積立金を払わないといけなくなります。

家も車も人間も年季が入ってくるとメンテナンス代がかかるのはどうしても仕方がないことなのかもしれません。

 

 

・修繕積立金が高い=悪 ではない

修繕積立金が高いマンション=買うべきではないダメマンションというわけではありません。

むしろ、長期的な修繕計画を立てず、入居者確保するために修繕積立金を安く設定しているようなマンションもごく稀にあります。

修繕積立金が高くても、住人が滞納せず、計画通りに積み立てられていて、きちんと修繕が行われていればマンションの寿命も長くなりますし、安心できるのは想像しやすいと思います。

 

・まとめ

もし、気になるマンションがあればそのマンションの管理組合が作っている「長期修繕計画」を確認して、いつ、どんな修繕をして、どの位お金がかかって、今どのくらい積立金が有るのかをチェックしてみてください。

修繕積立金は毎月払っていかなければいけないお金です。値上げされることはあっても値下がりすることはありません。

月々のローンの返済額を照らし合わせて、無理のないマンション選びをしていきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です