三軒茶屋の隠れ家バッティングセンター

初夏の昼下がり。

夏本番はまだまだ先、と言ってもすでに気温は30℃近くまで上がっている。

じっとりと暑い。。。

三軒茶屋をぶらぶら歩いてみる。

なるべく日影を歩いているのだが、どこに向かっている訳でもない。

もちろん決してサボっているわけでも無い。

何となく孤独のグルメに出てくる井之頭五郎のような気分がする。

心なしか肉が食べたい気分になってきた。

三軒茶屋と言えば肉。

隠れた名店が数多くあるらしい。

「隠れた」なので正確な数は分からないが、とにかくそういう噂を聞いたことがある。

私もお気に入りのお店は3つほどある。

「隠れた名店」だと思っているのでどことは教えられないのだが、

べつに隠れていないお店に入ってもハズレだと思ったことはない。

それくらい三茶は肉が熱い街である。

 

肉と言えばこのお店を抜きに語ることはできないであろう、あの店も三茶にはある。

 

そう、

 

肉のハナマサである。

という事で、今回の肉の話はここでお終いである。

今日、用事があるのはこちら。

「三軒茶屋バッティングセンター」

キャベツの横が入口である。

そう、タイトルに書いたバッティングセンターがやっと登場したのである。

ちなみにこの日はキャベツが1玉180円であった。

前回、冬に来た時は250円だった気がする。夏になると値下がりする野菜だったか。

とにかくバッティングセンターへ繋げるための肉の話題だったのである。

地元の人でも知らない人が多いのではと思ってしまう。

まさかこんな通路の先にバッティングセンターがあるとは誰も思わないだろう。

この螺旋階段を上るらしい。

これから全力でバットを振るのである。軽いウォーミングアップのようなものだ。

むしろもっと長くて良いかもしれない。

新庄選手のような引き締まった下半身をイメージしながら気合を入れる。

日頃なまっている体を本番までに目覚めさせるのだ。

心の中ではそんな勇ましい感情を燃え滾らせつつ、

身体の事を思って慎重に階段を上っていく。

ウォーミングアップで故障者リスト入りは余りにもカッコ悪い。

掴みやすい手すりが付いているので、思ったよりも上りやすい。

出来ればエレベーターが欲しい。

意外と高い所にある。

だんだん景色も良くなってくる。

実は少し前にも訪れたことがあるのである。

早朝だったので、もちろんまだ開いてなかった。

不動産業界の朝は早いのである。

 

今回は営業時間を入念に調べての訪問である。

開いてないハズが無い。

 

 

 

 

 

開いてはいたのだが、3つあるブースは全て埋まっていた。

隠れ家的だと思っていたのに、平日の昼間からなかなかの賑わいである。

左から100キロ、85キロ、90キロ。

20球200円という値段設定は学生にも嬉しいハズ。

受付のおじさんに写真を撮らせて欲しいとお願いしてみると、

本当はお断りしているけど、人を撮らないなら、という条件で許可をもらえた。

ブラッドピッドを細くしたような目ヂカラのあるおじさんだった。

という事で、あえてピントをずらした写真となっているのであしからず。

 

ボールが飛んできて・・・・・・

 

カッキーーーーン!!!!

楽しそうだなぁ、、、

少年の邪魔をするのも悪いしおとなしく退散しますか。

また日を改めてリベンジしにきましょう。

 

 

三軒茶屋バッティングセンター

住所:東京都世田谷区三軒茶屋2-14-6
電話番号:03-3421-3322
営業時間
夏期 3/16-11/15]11:00-19:00
冬期 11/16-3/15]11:00-18:00
料金:20球200円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です