ご当地ナンバーで考える東京

普段都内をクルマで走る人は日々様々なナンバープレートを目にしていると思う。

地方の方には申し訳ない。

少しローカルな話題になってしまうのだけれども、

今回は東京都を走るクルマのナンバーについて考察してみたい。

まず東京都には7種類のご当地ナンバーが存在する。

足立・品川・練馬・杉並・世田谷・多摩・八王子

この7種類である。

例外中の例外として「皇ナンバー」というものがあるのだけれど、

 

我々が乗車することはまずありえないので、今回は省略させて頂く。

これから各ナンバーについて書いてゆくのだが、

あくまでも完全に個人の見解なので、一般的な意見とは齟齬があるかもしれない。

 

 

 

 

品川ナンバー

・ベンツ、クレスタ、クラウンなイメージ

・都内のナンバーで唯一、西日本でも通用するらしい

・銀座、汐留、お台場、表参道、渋谷、六本木、赤坂、日比谷、日本橋が品川ナンバー

・品川ナンバー欲しさに車庫飛ばしという犯罪を犯す人も一定数いるとの噂が

・首都高でやたらスピードを出す。反面、地方では渋滞の原因を造り出しているのも品川ナンバー

・伊豆諸島・小笠原諸島も全部品川ナンバー。ずるい。

 

 

世田谷ナンバー

・2014年に登場した新参者

・「田」 「谷」という漢字が入っていて何となく田舎臭い雰囲気という意見もある

・地方民が見ると「せたがやたがやせ」を連想する

・高級車には似合うが、軽にはあまりにもミスマッチ

・カッコイイと思うナンバーランキングで6位に入る人気ぶりらしい

 

 

練馬ナンバー

・群馬ナンバーと間違えやすい

・関越道にいると紛らわしい

・トヨタの本社が練馬エリアの為、CMに出てくるのも練馬ナンバーが多いらしい

・都庁の公用車は練馬ナンバー

 

 

杉並ナンバー

・2014年、世田谷ナンバーと同時期に練馬から独立を宣言

・交付開始前には「練馬」を付けたくない区民により買い控えが起きるという現象も発生

・個人的にはあまり関わりが無いので、他に特筆することが無い

 

 

足立ナンバー

・マナーが悪い人が多い

・通称「ゲソ」。足立の足→ゲソ

・軽トラックとハイエース、キャラバンに多い

・地方の単身赴任者はだいたい足立ナンバーに乗っている。

 

 

 

多摩ナンバー

・登録台数では都内1位ではあるものの、東京と呼ぶには微妙な地域

・西部警察など石原プロモーションの劇用車は、みな「多摩ナンバー」

・西部警察を意識しているのか、一般人でも若干運転が荒い気がする

 

 

八王子ナンバー

・都内登録のダンプはだいたい八王子ナンバー

・八王子ナンバーの女性ドライバーを見たら車間距離を開けること

・やたら軽トラが多い

・字面だけを見ると世田谷よりも品格を感じる

・八王子住民は地元八王子ナンバーが大好き。地元愛がすごい。

 

以上である。

地方出身の私からしてもらえれば、東京のナンバーをつけているだけで、乗っている人はシティーボーイに見えてくるのである。

ちなみに私は神戸ナンバーなので、世田谷以下のナンバーが付いている車には勝ち誇った気分で今日も走っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です