赤信号で矢印←↑→が全部点灯しているワケ

クルマを運転していると、矢印信号がついた信号機を見かける。
多いのは、交通量の多い幅広の道路で、信号が青から赤に変わったあと、青い矢印信号「→」が点灯して、右折がスムーズにできるタイプのものではないだろうか。

稀に、この青い矢印信号が、←↑→と全部点灯している信号機がある。ご覧になったことがあるだろうか? もしや、これは青信号と同じなのではないだろうか?

 

友人達に訊ねてみると、「対向車線が赤だということを示しているんだよ」という返答が多い。ばかなやつらだ。もしかすると彼らの答えが正しいのかもしれないが、何となくそう思った。

走行中は、自分の進行方向以外の信号に気をとられてはいけないのではなかったか。教習所で対向車線の信号をチェックしろと教えられたのか?試験で「赤信号で停止しているとき、交差する道路の信号が黄色から赤に変わったので、発進する準備をした」という問題がでたら答えは確実に×な筈だ。

 

妄想で合ってる合ってないを語っていてもラチがあかないので、グーグル先生に聞いてみることにした。

グーグル先生によると
「青色の灯火では、歩行者は進行することができ、自動車は、直進し、左折し、又は右折することができる」ということらしい。

「歩行者」というワードが重要そうな雰囲気を出している。

確かに横断歩道があっても、歩行者用の信号がないところもある。その場合、歩行者は自動車用の信号に従って横断することになるそうだ。

続いて、矢印信号←↑→。

「青色の矢印では、自動車は、黄色の灯火又は赤色の灯火の信号にかかわらず、矢印の方向に進行できる」とされている。

「自動車は」という限定である。

つまり、青い矢印信号←↑→が全部点灯しているとき、自動車は矢印の方向に進行できるが、歩行者は進行できないので、この点において青信号とは異なる。

つまり矢印信号は、自動車専用のものなのだ!!たしかに、歩行者が青い矢印信号に従う現場を見たことが無い!!

実際に確認してみると、矢印信号←↑→が全部点灯しているとき、歩行者用信号は確かに赤になっていた!

 

青い矢印信号が全部点灯する信号機が設置されている道路の特徴は、「交差点において、原則、左折車線・直進車線・右折車線がある道路」とのこと。

反対車線が赤信号であることを示しているものではないので、矢印信号が青のときでも、いつも通り十分注意して進むことにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です