困った負動産

第4班 「税金・相続」
空き家問題と相続

2019年9月に総務省統計局が発表した「平成30年住宅・土地統計調査 結果の概要」によると、2018年の日本の総住宅数6,240万7,000戸のうち848万9,000戸が空き家であり、空き家率は13.6%と過去最高となったことがわかりました。

内訳で最も多いものは『賃貸用の住宅』(総住宅数の6.9%)ですが、2013年との比較で増加率が多かったのは賃貸用・売却用・別荘などの二次的住宅以外の「その他の住宅」(総住宅数の5.6%)でした。これには転勤や入院などによる長期不在の住宅や、建て替えなどのために取り壊す予定の住宅のほか、空き家の区分の判断が困難な住宅が含まれます。

生活拠点から離れた場所に空き家を抱えていると、売却する際に時間も手間もかかるうえ、売れない間は管理し続けなければなりません。相続人に負動産を遺さないためにも、空き家は放置せず、早めに対策をしましょう。

では対策とは??

弊社は賃貸管理・売買仲介のお取り扱いをしております。

賃貸管理、不動産売却・購入、税金・相続、住宅ローン

これらを日々研究している各分野のプロが六棒総合研究所にはいます。

些細な事でもお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

 

 

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました